SHINeeジョンヒョン衝撃の死。胸が苦しすぎる。ファンとしてどうあるべきなのか…




こんにちわ。チャミ子です。

 

現実をどう受け止めていいかわかりません

本当に胸が痛くなる訃報が…

 

 

19時半すぎに私のラインに来た速報です。

 

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2084364

 

ちょうど彼氏が仕事から帰ってきてご飯を食べようとしてた時、
彼氏の上司から電話がきて、電話が終わるのを待ってた時でした。

 

この通知が来たとき、一瞬意味が理解できず何かの企画かと思ったのですが
このニュースアカウントは本当に大事な速報ニュースは
このように大きく画像が一面に出るので、この見出しが頭に入った瞬間
悲鳴をあげました…手もがくがく震えて、彼氏が「どうしたの?!」と寄り添ってきて
私の見ている画面をのぞき、

 

「SHINeeのジョンヒョ…えぇ?!なんで…?!大丈夫?」

と声を掛けてくれたのですが取り乱していたのでただただスマホを持つ手がブルブル震え

 

「なんで…?!…なんで、なんで…?」

 

と泣きじゃくり画面を見つめることしかできませんでした。

 

今でも動揺していて悲しみであふれているので今回の記事はまとめ記事のようには書けません。

ただ私やファンの思いを勝手につづっていきます。
今書かないと、もう怖くて書けなくなると思ったので。

もし気を悪くされた方がいたら本当にごめんなさい。

 

 

私にとってのSHINeeは本当に名前の通りいつもキラキラ輝いていました。
中でもジョンヒョンはライブのときはいつも一番気合が入っていて楽しそうに笑顔でパフォーマンスしていた姿しか思い出せないほどキラキラしていた。

今年も2度見に行ったけど、全く追い詰められているようには見えなかった。
私にしてあげれることなんて無かったかもしれないけど、ただただ無念で仕方がない。

 

20時頃、まだ所属事務所のS.M.entertainmentが公式コメントを出していないとき
ツイッター上ではまだ生きてるらしい、集中治療室で戦っているという情報が流れてた。


それを見た瞬間、希望が湧いた。でもソースは?
私が見た速報は警察が発表しいてた。
そんな定かじゃない情報がツイッターで「拡散してください」とあふれかえり
いろんな意味でとっても辛かった。

 

韓国に友人がいるので久しぶりにカカオトークして、

 

「日本では死亡ってニュース流れてるけど、韓国では死亡とはまだ発表されてないってツイッターで言われてるんだけど本当に?」

 

と聞きました。
その友人は同い年の男性で、5年前くらいから親交があって
特にKPOPファンでもSHINeeファンでもないんだけど…
しばらくしてから友達から返信がきた。

「驚きで言葉を失いました」

「何故・・・一体何故」

 

友達はニュースを見てなかったみたいで私のメッセージで知ったみたいです。
やっぱり韓国でも当たり前の知名度で好感度も高いのでかなりショッキングだったようで…

韓国も最初は死亡かどうかはわからないと騒がれたそうです。

日本ではまだ死んでない!勝手に死亡って報道するな!ってNEWS ZEROが批判されていたので、友達に恐る恐る聞いたらやはり

 

「うそです…もう死亡って韓国でも記事出てます…」

 

って来て、わかってたけど本当に絶望のどん底だった。

あんなに楽しそうに歌ってたジョンヒョンは、もう見れないんだ。

ツイッターのつぶやきが、誤報と防弾少年団のテテの犬の名前がタイミングが悪くて叩かれたり、翌朝の東方神起の「スッキリ!」生出演がどうなるのか、等で荒れまくり
嫌韓の日本人達のニュース記事への悪質なコメントでとても見ていて辛かった。
そして後追い自殺するファンのツイート。

本当に今起こっている出来事が現実なのか信じられない時間を昨夜過ごしました。

今日は朝から仕事でしたが、眠ることが出来ず。

無念。本当にその一言に尽きる。

 

 

解散や訴訟、脱退、結婚。そんなハプニングばかりの所属アーティストの中で
本当に親友Nともずっと言ってたのが、

 

「SHINeeだけはいつも仲良し、ずっと5人」

 

これがまさか「メンバー自殺」なんて見出しの記事が出るなんて…。

今でもネットでは

 

「やっぱり事務所がおかしいのかな」

 

「こんなに苦しんでいたのに誰も気づかなかったのか」

 

「誰かが手を差し伸べていたら違う未来があったかもしれない」

 

と、言われています。
私もそう思い、どうしてそばにいたメンバーやスタッフが気づけなかったんだろうと悲しくなりました。

ですが、本当に辛かったのは、よくよく考えると
私も父を6年前に亡くしており、死因は練炭自殺。ジョンと一緒です。
そして父と最後に一緒にいたのは私でした。
ひょうきんな父はいつもと変わらず、休日にも関わらず
「ちょっと仕事に行ってくるわ」と家を出ていきました。
父の会社はだれもが知っているとても大きな会社ですがその実態は悲惨でした。
今でこそおかしいよって声をあげれますが、当時の私はそんな父が当たり前で
会社がおかしいというよりみんなそれが普通と思っていて
さらに辛そうにしていない父を見て「なんだかんだ元気じゃん」と思っていました。
そんな父が、練炭を購入し、私の元を去ってから死亡推定時刻までの20時間、
その時間にどうして我に帰れなかったのかと。
なんで一番近くにいながら助けてあげることが出来なかったのだろうと悔やみました。

 

ジョンも自分で練炭を購入し準備をしたのだと思うと
もうジョンは覚悟を決めていたんだろうな。

 

そしてどんなに近くにいようと、その人の心の闇に気づくのはとても難しいのです。
当時私は後悔の念で1か月学校を休み、ずっと自分を責め続けました。

 

今、残されたテミン・キー・オニュ・ミノ、そのほかのスタッフや友人を思うと言葉が出ません。とても自分を責めているんだろうなと当時の自分と重なりました。

 

なので、どうして気づいてあげなかったの、助けてあげなかったの等という言葉は発信しないであげてほしいです。それは当事者たちが一番心で叫んでいると思う…

 

ジョンの黒い犬のタトゥーや作詞した歌詞、いたるところにジョンのSOSはあった。
それに気付けなかった大多数の私を含めたファンは
そのSOSを見て、笑って、頑張ってと応援した。

 

東方神起を好きで、たまたSHINeeを見つけてSHINeeのバラエティが面白くてスカパーを契約して、そこからどんどんEXOやB1A4等たくさんのKPOPアイドルを知った。
きっかけこそ東方神起だけど、SHINeeは私と親友にたくさんのことをプレゼントしてくれたアイドルでした。

 

遺書も先ほど公開され、通院していたことも明らかになりました。
そしてなんとなく感じたのが医者に対する不満。

 

『何故生きないといけないのかと何百回聞いても、君のためだと。

お願いだから知らないなんて言わないで。なぜ辛いか探せなんて。
何度も話したじゃない。なんで僕が辛いか。それはこのくらい辛いのじゃダメなんですか?
より具体的なドラマがなければならないのですか?
もう少し事情がなきゃダメですか?

世界とぶつかるのは僕の分け前じゃなかったみたい。
世界に知られているのは僕の人生じゃなかったみたい。

もう他に何を話せと?
ただご苦労様と言ってくれ。
笑いはしなくても僕を責めて送ったりはせず、ただお疲れ様と言ってほしい。
本当に、
本当に、大変だった。

さようなら。』

 

こんな文章を未来のある27歳が書いたなんて悲しすぎる。

 

もし、昨日運び込まれて、蘇生に成功し一命を取り留めていたなら

ここまで固く決意したのなら生きながらえることのほうが可哀想という意見もあるだろうけど
遺された立場として言いたいです。

 

もし一命を昨日取り留めていたなら、そこで周りの人間がジョンヒョンの深刻さに気付き
絶対に手を差し伸べてくれる人がいたと思う。
やさしい先輩や兄弟、スタッフ、友達、誰でもいい。
ジョンの闇に気付いて、私は分かってるよって言ってあげる人が出てきて
もう音楽で頑張らなくてもいい、楽しく生きることが大事だから一緒に楽しいことこれからたくさんしようって言ってあげる人。

そしたらいつかきっと笑える未来がきてたんじゃないかって思わずにいられない。

 

もし、一命を取り留めてたら。

 

そしたら絶対に報われる日が来たはず。

 

そう思うと、やっぱり私は父に対しても、ジョンに対しても思う。
どんなに辛かったとしても死を選ぶことって間違ってる。

 

本当に悲しい出来事です。

 

遺された家族やメンバー達、ミノは過呼吸起こして気絶したって噂も聞いた…
本当に心配だし、ジョンはこれで本当に良かったの…?
うつ病の人を助けられる方法ってもっと無いのかな。

 

こんなのむごすぎる。

 

私たちにたくさん幸せを与えてくれていたとても素晴らしいアイドルが
昨日一人この世を去ってしまった。

 

この出来事はずっと誰も忘れない。
ジョンを知ってる人たち、このことで知った人たち
キム・ジョンヒョンが頑張ってアイドルとして生きた事を忘れないでください。

 

絶対に忘れない。

 

ジョンヒョン、今まで本当にありがとう。
心から冥福をお祈りします。どうかどうか安らかに。

 

2017年12月19日

SHINeeジョンヒョンの死が受け入れられない人たちへ。

2017.12.21









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA