明晰夢体験談




こんにちわ。チャミ子です!

以前、明晰夢?自由自在にできる夢と金縛りの関連性で書いた明晰夢について
私が実際に経験した明晰夢、またはそれに近い体験を書いていきたいと思います(^O^)

https://ayntm.xyz/post-127-127.html

 

最初に体験した金縛りとその翌日の恐怖体験から1か月後、家族で引っ越して新しいマンションの自分の寝室でうつ伏せでパズ●ラしてました。
いつの間にか寝てしまったんです。

おそらく20分後くらい…ふと目が覚めて「あ、寝てた…」と目を開けます。
ベッドのスタンドライトをつけてたので柔らかい光でしっかり確認できたのですが
目の前に男の人の腕がぶら下がってます。

そう、2回目の金縛りの際に夢で目の前にぶら下がってた感じの腕。

私はその時、お母さんが怖がらせるためにいたずらしてるのかな?と思い
何故かとてつもなく重くなった身体に力を入れて、その腕を「ペチン」とはたきます。

その瞬間一気に鳥肌が。

その腕がめっちゃくちゃ冷たかったんです…

そして妙にごつい腕。
「あぁ…前に出てきたのと同じ腕だ…」と恐怖感がこみ上げてきます。

気づいたらもう金縛りでした。
恐る恐る目線だけをその腕の主が立っているであろう私が寝ているベッド横に移します。

すると、真横に見えたのは白い着物の裾でした…
そうです。真横に白い着物を着た人が立っていてその人の腕が目の前にぶら下がっています。

めちゃめちゃその時怖かったんですが、必死に「これは明晰夢だ」と自分に言い聞かせ
明晰夢なら私が見たいと思った物になるはず!と思い

これは銀魂の銀さんだ。銀さんの着物だ!そうだ、銀さんだ!

と頭で叫びました。
するとほんとに不思議なんですけど、真っ白だった裾に
その銀魂という漫画の主人公の銀さんの着物の、青い唐草模様が浮き出てきたんです!

信じられないですよね?でもほんとなんです…!!

そこでしかも男の人っぽい汗のにおい?体臭?のようなものがふわっと香りました。

ですがチャミ子、想像力とネガティブ思考は人一倍なので
せっかく現れてくれた銀さんを前に、唐草模様を見つめながら

「でも、もしこれがやっぱり銀さんじゃなくて白い着物の女だったら…」

 

的なことを頭の隅で考えてしまったんですよ。ほんのちょっと。

そしたら、唐草模様は一瞬で消えまさに白い着物の女(顔は見てないから性別不明)が
横たわる私を覗き込もうとするモーションが始まって、怖すぎて身体に思いっきり力を入れて
ベッドからドーン!と落ちました。チャミ子。

お母さんの部屋に行こうと思い、金縛り状態の身体をほふく前進で部屋のドアまで進みましたが
私いつも部屋のドアを開けて寝るのにドアが閉まってる…

立ち上がれないからこぶしでドンドンとドアを叩くとお母さんの部屋から

「ん~~~…うるさい…」と聞こえ、一気に安心感が広がり少し冷静になり
ドアを開け、そのままほふく前進でお母さんの部屋までいき
お母さんが目を覚まして私のことをみて

 

「あんた、なにやってんの?」

 

と言われます(そりゃそうだ)

その瞬間足元から吸い込まれるように自分の部屋まで引きずられ、ベッドの上に戻ってきました。
え?!と思った時、もう金縛りは解けていて、部屋のドアも開いてました。
真夜中でしたがすぐに母の部屋に行き起こして

「私今この部屋きたよね?!」

と言ったら、

「いや、来てないけど…?」

とあしらわれる…

またですか…………

部屋で起きた時ほふく前進した肘が痛かったのを覚えてます。でも赤くはなってない。
霊的なものではなく、幻覚であってほしいと願いました(^_^;)

この体験が明晰夢史上一番、怖くて明晰夢っぽかった出来事でした。

銀さんて考えたら唐草模様でるのすごくないですか…

あのまま冷静に銀さんとアンニョンハセヨするのを想像してればオタッキーチャミ子的には夢の世界だったのに(夢だけど)

 

そしてまた次の体験。

しばらく金縛りは起きず、3か月後くらいに
「あー、なんか今日久々に金縛る気がするなあ」
って思ったら就寝モード入って3分で金縛り発動。
その成り行きが
超眠い状態でベッドに寝転んで、すぐ夢みたいなのを見始めて
足元に仕事先の上司のおっさんが立ってて、
「え、なんでここにTさんいるんだ?あ、そうか。これは夢なんだ。なら何でも言いたい放題だぜ!」
と思って、めちゃくちゃでかい声で

 

「シフト自由にしてくれなきゃ辞めてやるからな!!!!」

って全力のゆとり発言をしたんですね。

 

で、叫んだ時の感覚?があまりにリアルで(のど痛いし)
「(おいおいこれ明晰夢になってないか…?)」

と一抹の不安がよぎり、試しに体を動かそうとしたら
体がピリピリしてきて(→いつも金縛りにあうとき、指先足先からピリピリしてきます)
やばいやばい!と思ったらもう動けなくて。

もう心臓バクバク。今日はどんな恐ろしい体験するんだろうと不安で自分の鼓動が聞こえるくらい激しくて。
いつも怖いもの出てくるので、怖くてしょうがなくて
あまりにも怖すぎたり、いたみを感じて覚醒度が上がると覚めるので
片腕が何とか動いたから枕元にあるスタンドライトをつけて
まぶしさを感じれば目が覚めると思って、スイッチを押すんですけどライトがつかなくて…
必死に腕伸ばして押しまくる私。
何かが近づいてきている感じがします。
たぶんこれも、ベタなホラー映画ありそうな展開だから無意識に想像して
「何か」を自分で作り上げて近づかせてるんですよね。
でもどうしてもパニックになって、怖いことばかり考えてしまうから
私は究極に明晰夢を楽しむのには向いてない人間なんだと思った(笑)

で、ライト付かないからもう自分の腕を自分の腕で叩きまくって痛くて目が覚めたという。

 

目が覚めたら、叩いた腕痛いし汗かいてるし
でもなぜかスタンドライトは手が届かない位置に置いてあるし
怖くてその日はお母さんのベッドに侵入しました(笑)

 

部屋のおどろおどろしい雰囲気がどうしようもなく怖くて
結局ホラーに変わっちゃったんだよね…
どんだけビビりなんだ私。
この世に私しかいなくなっちゃったみたいな雰囲気?空気って言えばいいのかな…
あの空気が無理なんだよなあ

やー、なんかこんなこと書いてたら今日金縛りにあいそうな気がする。

また金縛りに遭った時は体験談を書いていきたいと思います。
次こそ好きなもの見るぞ!!

金縛りあう人いたらぜひコメントかメッセージください(笑)










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA